果物にも季節がにおう。やさしい黄金朽ち葉色の梨の山。

今年もついに限界な暑さは訪れませんでした。
いや限界の暑さがそんなに頻繁に訪れては困りますがw

夏バテとゆうものを体験したことがありません。
食欲がなくなるらしいですが
夏はいろいろと食事がおいしいです。

秋は秋でいろいろとおいしいものがありますね。
果物はみんな熟しておいしいし
きのこ類がまたよいですよね。

秋は雉の季節です!(勝手に)
どこかで手に入ればよいのですが。
c0221557_21441322.jpg
c0221557_2144226.jpg
c0221557_21442790.jpg
c0221557_21443318.jpg

さてもう少しお料理のお話です。

今日から読み始めた本は内澤旬子さんの
『世界屠畜紀行』です。

これ昔から気になってはいたのですが、
ついに文庫化したので買いましたw

家畜として育てられた牛さん、豚さん鶏さん、
場所により羊さんヤギさんといろいろですが
お肉になるまで、とゆうかするまでの過程のことを屠畜とゆいます。

今はそれを知らずお肉を食べる人も多いのではないでしょうか。
現場は凄惨と思えば凄惨ですし、
苦手な方も多い話にはなりますけれど
お料理をおいしく食べるためにもいろいろ
お料理が特に好きな方は、知っていて損はないと思います。
[PR]
by cookingkingdom | 2012-08-24 21:54 | 日常のこと
<< ともすれば曖昧な言葉をゆえばゆ... 毎日気持ちが平坦であるわけがな... >>